インプラント治療で医療費控除を受けられるの?

保険診療というのは、診療にかかった費用の一部を負担するもの、そして保険診療とは異なり全額自己負担になる保険外の自由診療もあります。
自由診療のインプラント治療というのは費用が非常に高額ですので、治療に踏み切れない方も多いでしょう。

インプラント治療のように高額な費用のかかる医療行為を受けた場合には、医療費控除の対象になります。

医療費控除ってなに?

高額な医療費を支払った時などに一定額であれば所得控除を受けることができる、というのが医療費控除になります。
1年間に支払った場合で、所得の5%を超えた場合に対象になります。
還付金額というのは最大で200万円になります。

医療費控除の手続きはどうすれば良いの?

医療費控除の手続きですが、医療費控除額を記入した確定申告書を税務署に提出します。
確定申告の期限は2月16日から3月15日までになります。
確定申告によって納税しすぎた所得税が還付される還付申告の場合であれば、翌年の1月1日から数えて5年以内に申告することができます。

会社員や公務員の方の場合には、税金は給料の中から天引きされていますので、自分で申告をしなくても良い、と考えている方も多いでしょう。
しかし、保険料控除であったり、配偶者控除とは異なり、医療費というのは年末調整においては控除されないために自分で手続きをしなければなりません。

以上のようにインプラント治療による医療費控除は行われますので、参考にしてみてください。

最新記事