表参道の歯科で受けられるインプラント

インプラント治療にはいろいろな治療法があります。
その中で、表参道の歯科医院では最先端のインプラント治療を行うことができます。
では、表参道にある歯科医院が行っているインプラント治療方をご説明します。
インプラント治療には1つしかないと思っている人はいると思いますが、他にもたくさんのインプラント治療を行うことができます。
そのための医療技術を持っているのが、表参道の歯科医院の先生たちです。
インプラント治療のやり方を少しご説明します。
まずは診断をして治療計画を建てます。
インプラントの手術を行います。
インプラントは骨に歯の根の代わりを埋めていきます。
この値が一番大事で根を埋めてから落ち着くまで、数ヶ月はそのままの状態で様子を行きます。
埋めたインプラントが安定してきたところで、義歯を入れていくことになります。
義歯を入れてから状態を観察して、問題がなければ治療終了となります。
インプラント治療を行う場合、歯茎にメスを入れて切り開いてからインプラント埋め込んでいかなければいかないと思っている人は多いと思います。
確かに歯ぐきにメスを入れてからインプラントを行う場合もあります。
表参道の歯科医院では、メスを入れない患者に優しい治療方法もあります。
その方法として、フラップレス手術というものとソケットリフト手術というものです。
フラップレス手術は、小さな穴を開けてから、インプラントを埋め込んでいきます。
そうすることで患者が痛みをあまり感じないで、傷口も小さくて済みます。
この場合は、歯肉の状態と、十分な骨の量が必要になりますので手術ができない場合もあります。
もうひとつのソケットリフトは、骨が内部分にインプラントを行うビン位使用する手術法です。
骨が少ない場合は、普通は、サイナスリフト手術を行いますが、今手術は治療回数も多くなり、患者にかける負担が多いのと感染症にかかる可能性も高くなりますので表参道の歯科医院では、ソケットリフト手術を行うところが多いです。
あくまでも、患者の負担を減らすことが第一で考えています。

最新記事